MRM吃音改善プログラム【もう吃音に悩まない人生を!】

スポンサーリンク

これまでに何と300人以上の人たちが吃音からサヨナラしてきたと言われている MRM吃音改善プログラムです。


「電話の応対、自己紹介がとても恐怖に感じる」
「どもらないか心配で仕事にもつけない」
「他の人からどう見られているか考えるだけで辛い」
と悩んでいませんか?

実は、最近吃音を克服し、会話を心ゆくまで楽しんでいる人が増えているのをご存知でしたか?
その方法を教えてくれるのが、吃音・どもり改善サークル主宰、M.R.Mプログラムコーチの中村しょうさんです。中村さんの本業は中小企業専門のコンサルタントで、現在、吃音の問題を抱える人たちをサポートする活動をしておられます。

中村さんは、ご自身20年以上吃音に苦しんでこられました。そうした苦しい経験の中から、吃音を改善する方法は、悪い形で定着してしまった“認識”をぶち壊し、それに代わる新しい認識を、あなたの“脳に直接インストール”し直すことということに気づいたそうです。そして、最先端の心理学や脳科学をについて学び、遂に吃音改善メソッドを完成させることができたそうです。

>>>M.R.M吃音改善プログラムの内容は、このようなものです

300人以上の人が吃音から解放

中村しょうさんによると、吃音には共通する根本原因があるそうです。

その原因に踏み込んで改善してゆくなら、誰でもやがて吃音を気にする事なく話すことができるようになります。【M.R.M】吃音改善プログラムは、その原因に焦点を当てて、改善してゆくというこれまでにない方法で、これまでに300人以上の人が吃音から解放されてきました。

しかも、何年もかけて行なうプログラムではありません。基本的に6週間で改善することを目指したプログラムです。もちろん、個人差がありますので、全員6週間で改善するということではありませんが、長くても3ヶ月あれば、どんなに重度の吃音でも、改善することができる内容となっています。

たいへんボリュームのある内容ですが、理解出来れば誰にでも簡単に行なうことができます。必要な時間は、1日20分程度。時間の空いている時に気軽にやることができます

手厚い万全のサポート!吃音改善に役立つ特典も!

「【M.R.M】吃音改善プログラム」は、手厚いサポートをしてくれるようです。そのサポートには、「【M.R.M】通信」と題したメンバー限定のフォローアップメール」があります。そのメールサポートには、他では得られない貴重な情報が満載されていています。また3ヶ月間、中村しょうさんに質問することもできます。何か疑問なことや分からないことがありましたら遠慮なく尋ねる事ができます。

他の特典として特別レポートがついてきます。「勇気を手に入れる究極の方法」「吃音ーどもりぐすりー」という題のレポートですが、これだけでも価値の高い内容となっています。

もし、90日間試したものの、効果がなかったと感じる場合には、返金に応じてくれるそうです。ですから、金銭的なリスクを負うことなく始めることができます。

>>>【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラムを見てみる

mrm 吃音は簡単なプログラム

6週間以内に吃音を改善を実現するmrm 吃音という特別なプログラムを提供しているのが中村しょうさんという人です。行うのは一日わずか20分~30分程度です。

mrm 吃音は簡単に、しかし、スペシャルなエクササイズをわずか6週間行います。しかも空いた時間で十分です。mrm 吃音の行う内容についてはテキストと微量で構成されたプログラムとなっていますので、誰かと顔を合わせて行うということはありません。またmrm 吃音は特別な器具や機械などを使って行うということもありません。必要なのはノートとペンとエクササイズの時間だけです。mrm 吃音のプログラムラストとさせて、6週間後には吃音を改善しているということができ、普通に会話を楽しむということができます。そうなることで充実した人生を満喫することができます。

mrm 吃音の口コミ

■これまで30年間どもりの人生を送ってきました。思い出したくもない辛いことばかりの思い出です。しかし今はとても清々しい気分で過ごすということができています。すべて中村様のおかげだと思っています

。吃音に対する不安はもありません。嘘のように消えてしまいました。

しかしこれは本当に不思議な感覚だと思っています。中村様が以前から言っておられた吃音が治るという感覚は失恋から立ち直る感覚と似ているという言葉を今は納得に感じています。

実は今年友人の結婚式がありました。その友人にどうしても友人代表のスピーチをして欲しいというふうに頼まれてしまいました。非常に涙が出るくらいの嬉しさだったのですが、引き受けるということに抵抗がなかったというわけではありませんでした。しかし、吃音を改善することができ、せっかく前向きになり始めたのに逃げてもいけないと思い、また逃げるならば元の自分に戻ってしまうというような恐れもあって引き受けるということにしました。そしてどもることなく無事に結婚式のスピーチを終えることでき本当によかったと思っています。

もちろん緊張はしました。しかし脂汗が出てくるような以前の感覚はありませんでした。むしろ自分を鼓舞するような背中を押してくれるというような本当に力強い緊張感を感じたのは驚きでした。

それによって自分のペースで考えていたスピーチをアドリブまで入れて話すということができました。180度変わって自分は本当に進化したと実感したときでした。結婚のスピーチを引き受けてよかったと思っています。

■先生のmrm 吃音プログラムを始めてから6週間が過ぎました。とても満足のいく結果を得られているのは本当にうれしく思っています。

以前は電話では本当に不安になっていましたけども、今は電話を取っても自然に言葉が出てくるようになりました。

まだまだ日によって波があります。しかし、前に比べるならば、不安はありませんでした。どもっても気にしないように気持ちをコントロールできたのも本当によかったと思っています。

これまでは会社で電話が鳴ると、事務所の人が全員面白半分で私に電話に出させようとしていましたけども、最近そうした意地悪なこともなくなったのでよかったと思っています。最近は、自分にできることを発見することが楽しみとなっています。

今まではどもりということもあって、自分にできることがないかどうかということを探すということはなく、我慢してきました。自分にも今までにない自信がつきましたので、これで何とかやれるような感じがしています。私はどもる事が改善と思ってましたけども、しかし中村先生がおしゃっておられる意味が腑に落ちた感じがします。今は私が考えていたよりも本当に素晴らしい状態にあります。どうもありがとうございました。

■mrm 吃音プログラムで中村先生にいろいろ相談にのってもらえました本当に感謝しています。mrm 吃音の教材は予想以上の内容で本当に驚いています。パラダイムシフト編とマインドシフト編に分けられていて本当に別れやすかったと思っています。今までのどの学校の先生よりも理解しやすかったと思っています。私は、理解が遅いと思いますので、プログラムを2回行い、2ヶ月以上かかりました。

でも以前よりもどもら亡くなりました。言葉を発するということを以前は怖いと思っていましたが、そのような気持ちもなくなり、台の前であったとしても堂々と前を向いて話すということが適用になりました。何よりも人生の目標ができたのが本当によかったと思っています。

同年代の引き立ちよりも成長できているという感じが沸いて満足しています。以前から不安だった就職の面接も大成功だと自分では思っています。堂々と自信を持って面接ができたのがよかったと思っています。今回の面接は自分では大丈夫だと思っていますが、だめだったとしても満足だと思っています。自信がついたからです。自信がつけば何度同じことをしたとしても挑戦するということができるので、それは自分にとって本当に嬉しいことです。

■いつもメールを親切に送ってくださって本当に感謝しています。私は56歳になりますが、50年以上どもりの人生を送ってきました。これは苦しみの歩みだったといえます。本当に嫌な思い出ばかりで死にたくなるような思い出しかありません。

私は重度の吃音者です。ひどい時には歌もどもっていたのです。歌はどもらないというのが吃音の常識です。なので、歌でどもったときには本当にショックを受けたのを覚えています。歌であったとしてもどもると意識し始めてからは歌うということもできなくなりませんでした。もちろん日常会話もままならないような状態でした。本当に目の前が真っ暗で絶望しかありませんでした。そのため何度も死という言葉が頭をよぎったのを覚えています。もちろん自殺するような気持ちまでには至りませんでしたけども。しかし、雷がなるなら自分に落ちないかと思ったりとか悪性の病に侵されないだろうかとか、隕石が落ちてこないだろうかというように本当に幼稚で馬鹿な思考が頭の中でグルグル回っていました。情けない毎日だったと思っています。自分なりにどもりを改善し落として努力はしてきましたけども、自分ではどうすることもできないことだらけでした。自分の無力さに呆れ果てるということもありました。

しかし、中村さんのプログラムを6週間実践していました。この感覚は本当に何とも言えないものです。頭を打ち抜かれたというか、全身に衝撃が走っていました。心はでも平静さを保っていて、晴れやかな気分が続いています。そして不思議とどもりに対する恐怖はなくなっているということがわかりようになりました。どもってもいいとか。まぁ別に構わないと思うようになり始めました。本当に不思議な感覚です。相するとどもることなく言葉がスラスラ出てきます。全くどもらずにしゃべり御意にあるということ改善と言うならば、私はまだ改善していないのかもしれません。しかしそんなことどうでもいいと思いほどに穏やかな気持ちでやさしい気持ちに満ちています。

どもりは改善する

吃音というのは、残念ながら治らないという人も少なくないようです。しかし中村しょうさんによりますと灯りは改善することができるようです。最短で6週間、3ヶ月もあれば、どんなに重度の吃音者であったとしても改善する事は可能だということです。

一般的などもり改善方法は有効?

吃音を改善するための方法としては今のところ三つほどあります。

発語気管のトレーニング

体の発語気管を鍛えるためのトレーニングのことを発語気管トレーニングと言います。例えば、特殊な器具や機械を使って横隔膜の動きを強制したりとか腹式呼吸を習得したりとか口の形や動きを強制するのにマウスピースを使ったトレーニングなどがそれに当てはまります。しかし、中村しょうさんによると、吃音のは、別の原因があると言う前提のもとにプログラムを作ったようです。この発語器官トレーニング方だと体のどこかに原因があるという考え方です。しかし、こうしたトレーニングは改善に繋がるものではないということです。それどころかトレーニングをすることによって、どうもらなかった言葉まで必要になってしまったと訴えている人もいるようです。

SSRI という薬

この薬ですが、飲むことによって脳の興奮や緊張が抑えられます。そのため、どもらずにしゃべることができるということで、一見するとすれているように思えるかもしれません。しかしこの薬は、一箱5000円~10000円くらいで販売されています。もしこの薬を使って吃音を直そうとしても、この薬をずっと使い続けなければなりません。やめた途端に再び吃音が戻ってしまうからです。しかも飲み続けることによる副作用がまだ検証されていません。副作用もあるようです。吐き気や嘔吐など様々な副作用があるそうです。

セラピー催眠療法

セラピーや催眠療法といったカウンセリングを受けることによって、吃音を直そうとする人もいます。しかし、この方法もやはり問題がいくつかあるようです。何度も通わなければなりませんし、費用が高額になってしまう。ということです。なので、こうした以上の方法はなかなか現実的とは言えないようです。

>>>【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラムを見てみる

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする